イベント(事業)
  • 春と夏の大会
  • 夏のトップセミナー
  • あったか・えっせい
  • ディスプレイコンテスト
  • 総会

ささやかだけど大切な日々の思い・・・
こころに耳を傾け、言葉にして伝えてみませんか。
肩の力を抜いて、大好きな人に話しかけるように・・・。現場で体験したエピソードを素直な気持ちで綴ってください。
思いを言葉にすれば、本当の自分、大切な何かが見えてくるかもしれません。
嬉しかったこと、楽しかったこと、悔しかったこと、涙を流したことなど、テーマや書き方は自由です。
 


 「あったか・えっせい」20周年記念佳品集
お客さまと販売員が織りなす48のストーリー。
日本が誇る接客の原点がここにあります。
申込はこちら


第1集「私の販売物語」
2001年発刊
(完売)


第2集「ふれあい舞台」
2004年発刊
(完売)


第3集
2006年発刊
(完売)


お客様との交流は、それがたとえお叱りの言葉であっても、販売員にとっては「宝物」に違いありません。
お客様からいただいた笑顔、理解されずに流した悔し涙…。現場での経験は何ひとつ無駄にはなっていないことを
私たちは知っています。しかし、日々の忙しさに紛れてかけがえのない経験はいつしか忘れ去られてしまうことが
少なくないかもしれません。その時の状況を何とか思出して文章にしていく作業が確実に次の接客につながり、
心の中に何かを芽生えさせるはずです。
一人でも多くの方と売り場での感動を共有できるきっかけになれば…。
そんな思いを込めて、1996年、全国の販売員の方々を対象にスタートしたのが「あったか・えっせい」です。
一昨年20回を迎え、これまで皆様からお寄せいただいた作品は一万点近くなります。
エッセイの公募はお休みさせていただくことになり、今後は企業として続けていく会社を支援していく形で
活動を続けていく予定です。


第20回までの受賞作品は右記HPをご覧ください。      www.attaka-essay.com
これまでの入賞作品がすべて読めるサイトです(平成24年12月25日開設
業種や年度などで検索して、様々なジャンルの作品をお読みいただくことができます。




第20回 「あったか・えっせい」受賞作品


最優秀賞

「忘れていた『ありがとう』の大切さ」     田中興産株式会社 小林 彩

     優 秀 賞
          
      
    「違い」                株式会社玉屋     加瀬澤 侑

    「この仕事」             株式会社山野楽器  増田優鶴

    審査員特別賞     「非日常の中で」             株式会社パスポート 阿部淳也

      入  賞
          

「加藤様とジャッキー」           株式会社ザ・クロックハウス 大楽 涼
「接客が楽しくなった瞬間」         株式会社かねまつ  阿部未来
「私がしている余計なこと」         株式会社山野楽器  持丸亜紀子
「モテ期到来」                株式会社虎屋     橋本 薫
「立ち止まり、思うこと」           株式会社アスプルンド 赤池めぐみ
「おばあさんとのストーリー」        株式会社東京鳩居堂 堀越一志
「ケーキを通じて学んだこと」       株式会社新宿高野   大下美咲
「最高の手紙」                株式会社ワシントン靴店 五十嵐康真
「幸せなあたりまえの言葉」        株式会社ドンク     今村郁子
「サンタさんにもらったよ」         お客様     各務奈津美
「婚約指輪は二度宝物になる」      お客様     山崎いづみ
                                                 (敬称略)

最終選考をエッセイストの斎藤由香様にお願いし、2017年2月に開催された春の大会席上にて表彰式が行われ、上記の皆様に表彰状並びに副賞が贈られました。
ご応募くださったすべての皆様、ご協力くださった企業の方々に心より御礼申しあげます。